お客様の要望に応じた様々な拡張性を備えた受付番號発券機
カウンター上の出來事を録畫し、オペレーショナルリスクの軽減、窓口でのトラブル発生後の早期原因追求の対応

導入前の課題

  • カウンター上での現金、重要書類などの授受に対する問い合わせに対して迅速に対応したい。
  • お客様の待ち人數を把握し、狀況に応じた窓口対応をスムーズに行いたい。
  • 業務ごとにお客様を振り分け、お客様の待ち時間を軽減したい。

導入機種

窓口受付システム INC

お客様へのホスピタリティと窓口業務の効率化を両立した窓口受付システムです。

導入成果

  • カウンター上での現金、重要書類などの授受に対するお問い合わせに迅速に対応することができるようになりました。
    • 窓口受付システム表示部に小型カメラが內蔵されており、カウンター上のやり取りを至近距離から録畫しているのでお客様とのやり取りが非常に鮮明に記録されており、確認しやすくなりました。
    • 支店內のPCで確認することにより、迅速に対応することができるようになりました。
  • 窓口職員が適正な対応を行っているか、確認、検証できるようになりました。
    • 営業時間中のカウンター上のやり取りを常時録畫しておりますので、職員が適切な対応を取っているか確認することができるようになりました。
  • 営業室側からお客様の待ち人數を把握し、狀況に応じた窓口対応ができるようになりました。
    • 受付番號発券機システム表示部背面(営業室側)に現在の待ち人數が表示されるので繁忙日での窓口対応をスムーズに行えるようになりました。
  • お客様の待ち時間が軽減されました。
    • 業務ごとにボタンを用意することにより、ハイカウンター、ローカウンター別々にお呼出ができるようになり、待ち時間の軽減に繋がりました。

お客様情報

東京都に55店舗?神奈川地區に30店舗を展開し、預金量?貸出金量ともに全國2位の規模をもつ信用金庫です。
1945年の創立以來『お客様本位』を掲げ、一貫して健全で堅実な経営を貫いておりました。その一方で懸賞金付き定期預金『スーパードリーム』の取扱い開始など、業界のパイオニアとなるような斬新なサービスを行いつつ、社會貢獻活動にも積極的に行っている信用金庫様です。

お客様名 城南信用金庫 様
事業內容 金融業
公式サイト

http://www.jsbank.co.jp/

導入時期 2016年~2017年導入